テッレ・バッレリーネ


アオスタ渓谷の入り口に位置するイブレア市。



イブレア市郊外にあるピストノ湖とシリロ湖の間にテッレ・バッレリーネがあります。



天気の良い行楽の秋にはハイキングにおすすめのコースです。



TB.jpg




テッレ・バッレリーネは小さな湖が湿原になり、さらに乾燥して地表に樹木が生息している場所です。



地表の樹木の根が縦横無尽に張り巡らされているため、人が歩いても沈むことはありません。



内部は水分が残っている為、地表がブヨブヨなのです。



一見は百聞にしからずということで投稿されている動画を。



https://www.youtube.com/watch?v=8btWWqpQah0



世の中には不思議なところがあるものですね。




おすすめヨーロッパ
イタリア編アオスタ
スポンサーサイト

モン・スニ峠


イタリアとフランスの国境に位置するモン・スニ峠(イタリアではモンチェニージオ峠)はイタリアのトリノとフランスのシャンベリを結ぶ重要な峠です。


MC1.jpg



現在はフレユストネンルが開通しているため、モン・スニ峠の重要性はありませんが、夏の避暑地、冬のスキー場(フランス側)観光地として栄えています。


モン・スニ峠は標高2083mで、峠の頂上付近はダム湖(モン・スニ湖)になっており、周辺はアルプスの牧歌的な高原になっています。


MC3.jpg




MC2.jpg



標高が高いため、夏でも20度前後で過ごし易いですが、冬季は雪のため峠は閉鎖されます。



イタリアのトリノから100km、車で1時間程度で来れる為、夏は主にイタリア人で賑わっています。




おすすめヨーロッパ

2017年元旦のニース(南フランス)


2017年、元旦のニース(南フランス)は気温15度の小春日和で、コートもセーターも不要な絶好の天気でした。



まずは、ニースからモンテカルロ方面に電車で2駅目のVillefranche-sur-merに。




NC2.jpg



静かな漁村で、村はずれの砂浜では、子供達が水浴びをしている光景も。



海岸通りにはシーフードのレストランが並び、ゆっくりと散策を。



日が傾きかけたら、地中海に沈む夕日を眺めならが、ローカル電車でニースに。



NC3.jpg



このローカル電車、二階建て電車なので、2階の車窓からは美しい地中海が堪能できます。



ただここからニース方向は長いトンネルが続くので、逆のモンテカルロ方向がお勧めです。



ニースに着く頃は既に日が沈み、海岸通りから少し入ったPromenade Paillonへ。




NC1.jpg




ここの広場は噴水がフランスの3色旗色にライトアップされて、とても綺麗です。




後はクリスマスマーケットを見ながら、海岸通り近くのレストランでシーフードを堪能して、2017年の元旦が終わりました。




おすすめヨーロッパ
フランス

トリュフ祭り


北イタリアの秋の味覚と言えばトリュフです。


トリノはトリュフの産地としても有名です。


アルバ市のトリュフ祭りは有名で、世界中からトリュフを求めて観光客が押し寄せます。


しかしトリュフはピエモンテ州のいたるところで取れるので、各地の村々でもトリュフ祭りは開催されています。



IMG_6651.jpg


ここはアスティ県のモンカルボ村。


ここのトリュフ祭りも地元では有名です。


IMG_6655.jpg


IMG_6660.jpg


今年のトリュフの出来はまずますとか。


IMG_6657.jpg


IMG_6658.jpg


中にはかなり大きなものまで。


いったいお値段、いくらになるのやら・・・。





おすすめヨーロッパ



英国のEU離脱

2016年6月24日に国民投票で英国のEU離脱が採決されました。

と言っても、すぐに英国がEU(ヨーロッパ連合)から離脱すると言うものではありません。
今後、英国政府がEUに離脱を宣言しEUが承認して初めて執行されます。

では英国がEUから離脱するとどうなるのか?
まずは人、経済の流れが変わるかもしてません。
EU内では人、経済の流れは自由ですが、英国がEUから離脱すれば、新たにEUと協定・条約を締結しなければなりません。
英国とEU間の取り決めは、今後は個別に対応していくことになります。
レストランのセットメニューからアラカルトメニューに変わるのと同じようなものです。
セットメニューは内容が決まっている分、お値段はお得です。 
アラカルトは自分の好きなものだけ選べるが、割高になります。
英国は自分の嫌いな物はいらないという権利を得ることになりますが、その分、自国の経済的負担が増えていくのでしょう。
その他は、特に大きな変化はないと思います。

それにしても英国人はもともとブラック・ジョークが好きなようですが。 
今回の投票もジョークのつもりが本当になちゃった!ってのが真実のような気もします。 



おすすめヨーロッパ


プロフィール

トトロ

Author:トトロ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR